About Us

Japan-U.S. Feminist Network for Decolonization (FeND) is a network of activists and scholars resisting both Japanese and U.S. colonialisms.

Founders of FeND are individuals living in the U.S. who have roots in Japan. We are organizing in response to the recent surge of ultra-right wing historical revisionist mobilization among some members of Japanese (not Japanese-American) communities in Southern California and elsewhere in the United States. For example, the revisionists are suing the City of Glendale, California over its public memorial dedicated to the victims of WWII-era “comfort women” system of the Japanese Imperial Army.

We also oppose the U.S. military presence in Okinawa, Hawai’i, and the rest of the Asia-Pacific, and the Japanese re-militarization.

脱植民地化を目指す日米フェミニストネットワーク(FeND)は、日本とアメリカ両方による植民地主義に対抗する運動家と研究者のネットワークです。

FeNDの創立者は、米国在住の日本にルーツをもつ人たちです。わたしたちは、南カリフォルニアやその他の米国の地域における在米日本人(日系アメリカ人ではありません)の一部などによる極右の歴史修正主義運動に対抗するために当団体を立ち上げました。例えば南カリフォルニアの歴史修正主義者らは、 日本軍「慰安婦」制度の被害者たちに捧げられた銅像を建てたカリフォルニア州グレンデール市に対して、訴訟を起こしています

また、わたしたちは、沖縄・ハワイやその他のアジア太平洋地域における米軍の駐留、日本の再軍国主義化などにも反対します。

Glendale Comfort Women Statue

One thought on “About Us”

Leave a Reply